2011年05月17日

明示的財政ルールの実効性

今回は久しぶりに財政ネタ(`・ω・´)

わが国では昨年、「財政運営戦略」ちゅーのが策定されて、
中期財政フレームとして、一般歳出やら新規国債発行額に上限を設けた訳ですが、(この日のエントリー参照
今般の3月11日の地震により、中期財政フレームは一瞬で崩壊した訳でございます。

※4兆円規模の財政出動を行う第一次補正予算は、予算の組み替えで対応できたため、新規国債発行は免れた訳ですが、第2次は10兆円規模!?と予想されており、補正後の2011年度予算における国債発行額は前年度の44兆円を大幅に上回る見通しでございます。

そんな訳で、こんないとも簡単にbreachされちゃう財政フレームにコミットすることって、意味あんの?!っていう問題意識に答える良質な研究を紹介します:*・゜(n'∀')η *・゜続きを読む
posted by あうあう at 00:14| Comment(0) | 財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

Fault Linesを読む2

faultbook.gif

続き

序章
the central cause for the financial panic was not so much that the banks packaged and distributed low-quality subprime mortgage-backed securities but that they held on to substantial quantities themselves, either on or off their balance sheets, financing these holdings with short-term debt.
金融危機の原因は、証券化によるoriginate to distributeじゃなくて、リスク軽減のためにオフバラ化したはずのそれらを、また銀行自身が、短期資金で買ってしまっていたこと。非常に危険な満期のミスマッチが発生しております。なんで銀行が、クオリティの低い証券化商品を、短期資金ファイナンスで購入していたかは、後に続く章で詳細な説明があると思われます。

In structuring reforms, we have to recognize that the only truly safe financial system is a system that does not take risks, that does not finance innovation or growth, that does not help draw people out of poverty, and that gives consumers little choice. It is a system that reinforces the incremental and thus the status quo. In the long run, though, especially given the enormous challenges the world faces−climate change, an aging population, and poverty, to name just a few−settling for the status quo may be the greatest risk of all, for it will make us unable to adapt to meet the coming challenges. We do not want to return to the bad old days and just make banking boring again: it is easy to forget that under a rigidly regulated system, consumers and firms had little choice. We want innovative, dynamic finance, but without the excess risk and the outrageous behavior. That will be hard to achieve, but it will be really worthwhile.
本当に安全な金融システムというのは、リスクを取らない金融システムである。でも、それって、イノベーションも成長もない世界だよね。そうすると、貧困は救えないし、消費者も計画経済下みたいに消費の選択肢が少なくなる。成長の無い現状維持の状態ってのは、気候変動・高齢化・貧困といったこれから直面する問題にとって、とてつもなくデカいリスクとなる。やっぱりイノベーションとか、ダイナミックな金融は必要。なるべくリスクは少なく、そうした目標を達成するのは難しいけど、それだけに価値がある(`・ω・´)

We also have to recognize that good economics cannot be divorced from good politics: this is perhaps a reason why the field of economics was known as political economy.
良い経済は良い政治と不可分。(経済一流・政治三流と言われ続けたわが国は、政治の三流に引っ張られて、経済も一流ではなくなった?)

興味深い。

現在は一章に突入しました。技術進歩によって、米国社会が高度人材以外を必要としなくなったことが、住宅ローン与信拡大の背景として具体的に説明されていて、まさに白熱教室の様相を呈しはじめました((o(´∀`)o))ワクワク
posted by あうあう at 15:24| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

Raghuram RajanのFault Linesを読む

faultbook.gif

GW最終日に久々の投稿。
最近、AmazonのKindleを買ったので、何か活用しようかと(`・ω・´)
という訳で、最近ラジャンのフォールト・ラインズを少しずつ読み進めていて、気に入った箇所を、ハイライト機能で抜き出そうという趣旨。
(邦訳版が新潮社から出ているものの、クソミソにamazonで叩かれてるのが残念です(´・ω・`) )

金融危機本は、Reinhart&RogoffのThis Time is Differentもありますが、こちらは通読する性質の本ではないのかな、ということで邦訳版を積ん読中です(*´ω`*)

序章

This was surprising, for if banks were getting risky loans off their balance sheets by selling them, they should have become safer. I eventually realized that I was committing the economist’s cardinal sin of assuming ceteris paribus, that is, assuming that everything else but the phenomenon being studied, in this case securitization, remained the same. Typically, everything does not remain the same.
2007年秋頃、不思議に思ったことです。ローンを証券化して売って、リスクを切り離したように見えても、何らかの形で、ブーメンして来るからこそのシステミックリスクってえね。まさに、ceteris paribusの仮定は成り立たない

But although global competition limited the deleterious effects of government intervention in the export sector, there were no such restraints in the domestic-oriented production sector. Banks, retailers, restaurants, and construction companies, through their influence over government policies, have managed to limit domestic competition in their respective sectors. As a result, these sectors are very inefficient. There are no large Japanese banks, for example, that rival HSBC in its global reach, no Japanese retailers that approach Walmart in size or cost competitiveness, and no Japanese restaurant chains that rival McDonald’s in its number of franchises.
国際競争の荒波に晒される産業ほど、政府の規制が規制されるオモローな状況になって、競争力が付く一方、ドメ志向の産業は競争せずに仲良く横並びでやりたい(*´・ω・)(・ω・`*)ネーって感じで、非効率になっちゃう。前者がキヤノン・トヨタ・サムスンといったグローバル企業であり、後者が、日本の銀行、小売・外食業界であったりすると。

Jobless recoveries are particularly detrimental because the prolonged stimulus aimed at forcing an unwilling private sector to create jobs tends to warp incentives, especially in the financial sector.
これとは関係ないけど、米国のジョブレスリカバリーの深刻さを見ていると、わが国の労働市場の流動化を主張するにしても、やはり少し立ち止まって考える必要があるよね(´・ω・`)

In politics, economic recovery is all about jobs, not output, and politicians are willing to add stimulus, both fiscal (government spending and lower taxes) and monetary (lower short-term interest rates), to the economy until the jobs start reappearing.
経済回復って雇用に現れないと実感されないっていうけど、まあ雇用って遅行指標だから政策ラグがあるよね(´・ω・`)

うーん面白い(`・ω・´)


シリーズ物にする(゚∀゚)ヨカーン
posted by あうあう at 22:43| Comment(2) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。