2011年07月26日

[書評]“入社1年目の教科書”岩瀬大輔

入社1年目の教科書 [単行本(ソフトカバー)] / 岩瀬 大輔 (著); ダイヤモンド社 (刊)

これはなかなか面白かったですよ(*´ω`*)
以下、未定稿。

まあ似たようなタイトルの本は沢山ありますし、本書の内容も、類似本からインスパイアされたのではないかと思うような点も数多ありましたけど、今まで読んだ中では、これが1番真っ当でタメになると思いました。
例えば、

「頼まれたことは必ず最後までやりきる」
「50点でも良いから早く提出せよ」

という基本的なことは、組織においては非常に大事で、新人のうちは、地頭が良いとか、知識が豊富であるとか、そういうこと以上に優先すべき事柄かもしれません。
前者に関しては、やはり周囲からの「信頼」という貴重な無形資産を構築するためにも、最も重視すべき事柄だと思いますし、後者は、フィードバックを受けて、ブラッシュアップを受ける回転を早くするためにも重要です。

「メールは24時間以内に返信せよ」

これは、意外と大事で、すぐに答えが出ないものでも、レスポンスがあるのと無いのとでは、心象が全然違う気がします。
できてない人は、ビジネスの世界でも、どこでも、結構多いかもしれません。

「カバン持ちはチャンスの宝庫」

プロジェクトに直接参画しなくとも、大きなビジネスが動く現場に同席することは、非常に良い経験だと思います。政治家や経営者が、どういうことを考えて、どういう行動を取っているのか、生の声に触れると、やはり自分の価値観というか、世界観が変わってくるようなきがします。そうしたチャンスをなるべく活かして、若いうちに多くの経験値を積んでいきたいですね(●´ω`●)

「頼まれなくても議事録を書け」

会議や講演会等の議事録を、数えきれないぐらい書いてきましたが、相当良い修行だったと今になって思います。人の発言の要点をおさえて、簡潔にまとめて、話の文脈を整理することは、自分がアウトプットする側に回ったときにも、実はとても役立ちます。
本書にはありませんでしたが、議事録はノートパソコンではなく、紙のノートで取った方が絶対良いと思います。タッチタイプが変に上手かったりすると、人の喋ってることを余すこと無くパソコンに取れてしまうので、頭を使わなくなりがちです。
逆に紙のノートなら、要点だけ簡潔に書いて、後でそれをパソコンでストーリー化するという2段階の能動的構成作業が入るので、こっちの方が議事録の質はずっと高くなりますし、話を聞いて理解する練習にもなります。

「アポ取りから始めよ」

いわゆるロジです。経営者や人気の学者などは、予定がびっしり埋まっていたりして、アポを取るのは難しいので、前もって計画的に仕事の進め方を考えておくのが大事です。そういう段取りを考える練習は、日常生活でも意外と活用する場面は多いですし、また、沢山アポを入れて、いろんな人と会って経験値を積むことも、世界が広がるので良いと思います。

------------
他にも良いなというか、共感したものは沢山あるのですが、これはちょっと次回のエントリーにしたいと思います。
例えば、

「同期とは付き合うな(意訳:仲良くなりすぎるな)」
「社内の人と飲みに行くな」

といった項目は、一見すると極論のようですが、実はすごく大事だと思います。
機会費用という観点で考えてみると、社内の人とはいつでも飲めるけど、社外の人とは、いつでも、という訳にはいかないからです。新しい発見とか、イノベーションみたいなものも、社外の人との交流から生まれることが往々にして多いです。

あと、「若いうちは自己投資論」が流行る中で、冷静に

「何はともあれ貯蓄せよ」

という項目があったのは非常に良かったですね。マクロ経済学のISバランスではないですが、貯蓄=投資という考え方というか、ある程度のまとまった資金から、その先の運用というか、金融リテラシーを身につけていくというのも、将来の自分への投資でもあると思いますので、「若いうちは借金してでも自分に使え」といった、チャラチャラした経営者にありがちなことを言わなかった点を、僕は極めて高く評価します。

そんなわけで、社会人1年目の人とか、来春入社予定の大学生にぜひお勧めして欲しい1冊です。
もちろん、2年目以上の人にとっても、基本に立ち返るという意味で、大変意義深い本です。
posted by あうあう at 21:14| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。