2012年02月13日

製造業と非製造業

製造業と非製造業に関して徒然なるままに。

以前より、
「製造業は途上国の産業であって、ものづくりに拘泥する日本は周回遅れだ」
みたいな言説がネット上で跋扈してて、それがさらに、今般のエレクトロニクス企業の決算総崩れによって、
「やっぱり日本は、サービス業とか金融とか、非製造業種に立国した経済構造を目指すべきだ」
的な感じでエスカレートしそうな昨今、
果たしてそういう極論に、無条件に飛びついて大丈夫なのかという問題意識。

もちろんわが国のサービス産業の生産性の低さは以前より指摘されておりますし、
規制改革等を通じて、これらの産業を伸ばす余地は沢山あると思います。
特に接客業では、生産性に計測されないホスピタリティの部分で、高い国際競争力を持ってるのも確かです。

ただ、それだけを理由に製造業をdisるのって何か変だよねっていう。

先月、オバマ大統領が一般教書演説において、「製造業の復活」を目指す姿勢を鮮明にしたことからも推察されるとおり、
先進各国が世界的な低成長のフェーズに突入している今、求められるのは、
@そこそこ儲かって
A持続可能性が高くて
Bなるべく数の多い雇用が確保される
ような業種なんじゃないかなと。
そうなると、上記3条件を満たしているのは製造業ということになる。
(最近話題のフェースブックなんかは、Bが全然駄目だと。)

製造業は、大勢の人員を必要とする上、給与などの待遇面もあまり差がつきにくく、長期雇用慣行にも合理性がある。そうなると、安定した雇用を提供することができる。その点で、中間層の雇用を吸収する力が十分にある。
ところが、製造業の仕事は、コストの安い新興国に奪われつつあり、先進国経済の中心はサービス産業に移りつつある。これをどうしようもないと捉えるか、それとも、もうちょっと立ち止まって考えるか。
そういう論点なんだと思います。

ここ10年、日本では製造業は雇用者数を減らしまくって、一方で非製造業が雇用者数を増やしているのも事実。だけども、金融とかITとか、医療とか、先進国の新たな成長モデルとして期待されてるような分野では、専門性によって雇用者の待遇に大きな差が付いてしまうので、どこまで中間層の雇用を吸収できるのかなと。
そして、「中間層の没落」をいつまでも是認していると、資本主義の根底に関わる、民主主義や市場経済も揺らいでしまいますよねって。

*参考*
溜池通信 http://tameike.net/pdfs8/tame487.PDF

<蛇足>
1.
確かに、日本のGDPにおけるサービス業の寄与は結構大きいけど、
それでも、「鉱工業生産指数」に比べて「第三次産業活動指数」は、あんまりGDPの動きを捉えてなくて、
やっぱり経済活動の出発点には、製造業の生産があって、そっからの所得があって、そして派生需要としてのサービス業への需要があるんじゃないかなと思うところであります(仮説)。

2.
米国ではOWSで中間層の危機が取りざたされて、日本政府もなんかそれに迎合して「分厚い中間層」とか言い始めてますけど、中間層の危機なるものを危惧するような状態にあるとは、到底思えないんですよね。
例えば、エコカー減税とかエコポイントの期限前に、あそこまで耐久財の駆け込み需要が起きるなんてのは、分厚い中間層が存在してなきゃ有り得ない現象ですし。(まあ、足元の若年者失業の増加は、将来のその可能性を示唆するので楽観するわけではありませんが。)
なので政策的には、所得再分配で分厚い中間層を復活させましょうと言う前に、既にある分厚い中間層の経済活動を活性化させましょう、の方がよっぽど正しいような気がします。

うーん難しいですね(´・ω・`)
posted by あうあう at 22:49| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。