2011年02月20日

アイルランドの法人税率・財政収支の推移

気になって作ってみた(出所はEurostatなど)。

Irish.png

両者の相関係数は0.1で殆ど無相関。
ただし、2000年年前後は、法人税率を引き下げることで高成長となり、財政収支は大幅に改善する、という負の相関があった(1999年の欧州通貨統合による低金利+移民の増加により、住宅バブルが発生した影響も出ているけれど。)

財政再建に向かうアイルランドが法人税率を12.5%で維持するのも、pro-growth policyで税収増という思想が色濃く反映されており、単年度ペイゴーに拘るわが国も、一つの参考にするべき?
posted by あうあう at 10:23| Comment(0) | 財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。