2011年10月31日

[書評]「ポスト・マネタリズムの金融政策」

ポスト・マネタリズムの金融政策 [単行本] / 翁 邦雄 (著); 日本経済新聞出版社 (刊)

私自身、金融政策本はかなり食傷気味ですが、デフレ脱却がわが国経済にとっての喫緊の課題ですので、一応「日銀理論」を最新のものにアップデートしておくことは意味があるのではないかと思い読んでみました。

特に目新しい情報は無かったと思います。
ただ、M.フリードマンがカリスマ性を極めたマネタリストの時代、FRB議長だったボルカーがマネタリストの仮面を被りつつ、通貨集計量をガン無視した政策運営を行なっていたことは興味深かったですね。やはり内実よりも名目で民間経済主体を上手く欺くというテクも金融政策運営においては重要なのではないかと思料。
そういう意味では、日銀が足もとで進めている「包括緩和」というネーミングや、「資産買入等基金」の「等」に「共通担保資金供給オペレーション」を含めて、総額55兆円としてインパクトを与えるアナウンスメントは良いのではないかと思います。

あと、旧法下の日銀が、本予算の編成期に利上げすることができなかったという政治的な裏話も面白かったですね。

バブル崩壊後の強力な緩和にかける"Fed View" vs 金融的不均衡の蓄積それ自体を看過しない"BIS view"についても、論点がよく整理されていて良かったとおもいます。やはり信用の膨張が伴う資産インフレに対しては、利上げで対処せんといかんと思いました。まあ、果たして日本でそんな時代が再びやってくるのかな(*´ω`*)?

しかしながら、政策担当者が実用的に読むべき章は最後の2つでしょう。
第8章 デフレ脱却への方策(1)―中央銀行単独の選択肢
第9章 デフレ脱却への方策(2)―政府ができること


超過準備に懲罰的なマイナス金利を付与するとか、外債買うとか、政府発行紙幣出すとか、色々検討されてて面白かったです。
政府発行紙幣(無利子国債)でインフレを起こしても、インフレ抑制の際に中銀が有利子負債を発行してそれを吸収してしまうと、ALM的な観点でまずいという指摘は良かったですね。
「"包括緩和"は、5兆円という中央銀行の自己資本の内でできる最大限の努力」という締めくくりが、日銀理論の集大成すぎて( ;∀;) イイハナシダナー

いずれにせよ、僕も翁氏と認識を一つにするところは多く、デフレ脱却のためには、やはり政治のリーダーシップによって、実効的な成長戦略を着実に実行に移すことで需給ギャップを解消し、民間経済主体のマインドを改善してやることが、自律的な経済成長経路へのソフトランディングの手段として、最善の解だと信じております。

とはいえ、実質実効為替レートの話はちょっといただけなかったですね・・・。
「企業は輸出競争力を失ってないのに、2000年代半ばに甘やかされたから、ワガママ言ってるだけ」みたいな誤解は、学者・中央銀行家に広く見られる考え方であり、あまり誉められたものではありません。
posted by あうあう at 21:16| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。