2011年11月13日

[転載]Greece's woe

http://www.economist.com/node/21536597


記事を選んだ理由
“Political capital”という言葉に興味を惹かれた。政府の国民に対する説得力(ソフトパワー)は、わが国のTPP、増税などをめぐる議論を見ていても非常に重要だと感じる。
(“political capital" means the power that popularity confers on a politician.)

Discussion points
・「包括戦略」の評価(例えば、50%債務減免はCDSのデフォルト条項に当たらない可能性があり、国債の売却を加速しかねない。)
(参考)「包括戦略」のポイント
@ギリシャ国債による損失の負担額について、民間銀行の負担割合を、従来の21%から50%に引き上げ。A民間銀行は、自己資本比率を自力で5%から9%に増強。BEFSFの規模を4400億から1兆ユーロに拡大。
・現政権には、財政再建を実現するためのpolitical capitalがあるか(今のところ市場は、日本はまだ増税の余地があると見ている)。

背景知識
・10月27日のユーロ圏首脳会合が発表した危機克服に向けた「包括戦略」で、市場はいったん落ち着いたかのように見えた。しかし、突如のギリシャ国民投票の発表で、再び混乱。
・結局、国民投票は見送られ、11月4日のパパンドレウ内閣の信任投票も可決。
・11月11日、パパデモス新首相率いる連立政権が発足。
・今後、仮に政権内がまとまらず、IMF・EUによる金融支援が遅れることとなれば、12月にもギリシャは流動性破綻に追い込まれる。

記事のポイント
・Mr Papandreou has created an almighty mess, but he is better cast as the messenger than the villain…The spreads between Italian and German government debt had begun to widen well before Mr Papandreou dropped his bombshell…Last week’s summit deal – concocting a jerry-built firewall and asking the banks to boost their capital ratios by June next year – was not up to scratch.
・Mr Papandreou’s most important message: Until now the euro crisis has chiefly been about pressure from the markets. But a country’s finances are not defined by markets alone. Rather limits of solvency are tested by people’s willingness to accept tax rises and spending cuts. A government runs out of political capital long before it runs out of thing to tax. In the end, won’t pay matters more than can’t pay.
・パパンドレウ首相は、(与党内やメディアなどからの)緊縮政策に対する反発に悩んでいた。加えて、四半期ごとにEU・IMF・ECBからの審査を経ないと救済資金の一部を得ることができない。そこで反対派を飛び越えて、ユーロに残るか国民の信を問うこととした。
・(ギリシャのユーロ離脱の影響について)The gain in competitiveness from devaluation would be transient if, as is likely, wages inflated along with prices.
・The government must devote less effort to growth-destroying tax rises and instead undertake growth-promoting structural reforms. ⇒ 成長と財政再建は車の両輪。
・The euro zone’s emphasis on austerity rather than structural reforms has aggravated Greece’s political woes. Instead it should favor medium-term fiscal consolidation.

以 上

posted by あうあう at 23:59| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。