2011年11月18日

TPP雑感

経済系ブログを標榜していながら、意図的に避けてきた話題について、
そろそろ軽く何か雑感でも書こうかと思いました。

時事通信の世論調査(11月10〜13)によりますと、TPPについて、52.7%が「日本も交渉参加すべき」、28.8%が「交渉参加すべきでない」、18.5%が「分からない」と回答したそうですが、やはり肌感覚として感じることは、ネット世論は圧倒的に反対派の声が強く、あまり賛否をこういう場で明確にするのは適切ではないと判断し、話題にするのはやめておりました。

今後も、Twitter以外でTPPに関しての個人的な賛否の表明は、極力差し控えていこうと思います。

今回のエントリーは、首相がTPP交渉参加を表明してから、具体的に何が変わったかという客観的な事実認識を整理する趣旨で書かせていただきます。

まず、日本が交渉参加を表明する前まで、TPPという略語は、欧米圏では全く認知されていない、かなりマイナーな専門用語だったと存じます。私自身、WSJやFT、Economistといった海外紙を眺めていても、TPPの扱いは非常に小さなものだったと記憶しております。

しかし、交渉参加表明後、それが大きく変わりました。
例えばFinancial Times(電子版)のトップ記事では、「アジア・環太平洋地域に米国が外交・安全保障の軸足を置き始めた」という話や、「中国が米国主導の貿易ルール作りに牽制球を投げた」といった話が、かなり頻繁に上がるようになりました。
これは、世界が明らかにTPPやASEAN+6をはじめとする、アジア・環太平洋地域の経済秩序、安全保障に大きな関心を持ち始めたということであると考えます。
中国も、今までは、アジアの経済秩序はASEAN+3を軸に作るべきだと主張し、インドの参加には消極的な態度を示しておりましたが、今般、日本がTPP交渉に参加表明をしたことで、これまで否定的だったASEAN+6についても、(日本が入った場合のTPPの影響力に対抗するという観点から)前向きな姿勢に転じました。

英Economist最新刊(2011年11月19日号)は、Leaders(社説)でTPPを特集しております。
20111119_LDC095.gif
Mr Noda's move could also transform the prospects of the TPP, most obviously by uniting two of the world's leading three economies but also by galvanising others. Until he expressed an interest, Canada and Mexico had also remained on the sidelines.
Unwittingly or not, Mr Noda has thrust mercantilist Japan into a central position on a trade treaty in which free movement of everything except labor is on the table.
http://www.economist.com/node/21538758

日本が国際社会に良い意味で影響を与えたというニュースは、私の記憶する限り、これまで久しくなかったと存じます。
(一方で、バブル崩壊後の失われた20年の経験や、震災によるグローバル・サプライチェーンの寸断など、ネガティブな意味で世界にインパクトを与えたことは幾度とあります。)
やはり、日本の参加によって、アジア・太平洋地域の覇権争いにおける戦略のパラダイムが、大きく変わったという点は、その賛否がどうであれ、認めざるを得ないところなのではないかと存じます。

これまで、ネット上の反TPPの論調を見ておりますと、ASEAN+6やFTAAPといった経済秩序構築に結びつけた経済戦略、あるいは対中外交戦略といった安全保障の文脈に絡めてTPPが語られることは殆ど稀で、ひたすら米国陰謀論に終始していたのは、ある意味で不幸なことであったと存じます。

米国がTPPを推進する目的は、近年急速に力を増しつつある中国への牽制であります。事実、TPPに最も懐疑的な国は中国です。米国が日本を一方的に搾取するといった思いこみと、被害者意識で突っ走るだけでなく、もう少し鳥瞰図的に、アジア全体の日本の位置も含めて、この交渉が何を意味するのかを考えてみる必要があるものと存じます。

※TPPがもたらす貿易・投資ルールや、農業・医療分野への影響といったQA的なものは、あまりに既出すぎるので別のところに譲ります。
posted by あうあう at 22:54| Comment(5) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・日本が大きな流れを作った点は評価できますよね。まさに、positiveなニュースは久しぶりです。

・メキシコ、カナダが参加表明したりと、裏で全て準備していたとしたら米国は凄い国だと思います。むしろ、墨加を含め関係国全体ですかね。今回は、世界のスピードに、ぎりぎり日本が追いついたというところでしょうか。内外の感覚の違いを実感します。。

・アメリカの太平洋への関与ですが、前述のeconomistの記事ではオバマ大統領の出自について言及がありましたね。アメリカの太平洋への関与が一時的なものになるとの説もありますが、段々と世界経済の中心が大西洋から太平洋に移動していく中で、米国の関与は段々と恒久的なものになっていくと思います。
・直近では、イラン、アフパキなど欧州大陸に関与する安全保障上の要請が大きいと思いますが。

Posted by 凸 at 2011年11月23日 17:11
恋人が欲しければデコログへ!大人気のデコログを徹底解説!若い女性に絶大な人気を誇るデコログであなたの理想の恋人を見つけましょう!これからデコログを始めようと迷っている人はココをチェック!
Posted by デコログ at 2011年11月27日 05:27
朝日杯フューチュリティステークス 2011をデータ面から完全攻略!万馬券予想で高回収率を出している競馬予想会社の大胆予測!有力情報や丁寧な解説で競馬をもっと好きになれる!もっと勝てる!!
Posted by 朝日杯フューチュリティステークス 2011 at 2011年12月09日 11:22
今日はクリスマスイブ。一期一会。私はこの言葉がとても大好きだ。みんなにもこの言葉の素晴らしさを身を持って体験して欲しい。
Posted by 出 会 い at 2011年12月24日 18:03
まだそこにハマってるの?って今鼻で笑ったそこの君!!ばかにしたらいけないよ!W大晦日の夜何かが始まるんだって!何が始まるんだろ?ワクワクだよね
Posted by モバゲー at 2011年12月29日 14:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。