2011年12月01日

[海外論調]東証と大証の合併

11月22日に正式発表された東証と大証の経営統合。
再来年1月をめどに行われるそうです。

日本のメディアは、
・地盤沈下する一方の日本の資本市場が、国際競争力を高める第一歩として期待したい。
・国内の現物株取引の9割以上を占める東証に対し、大証は株価指数先物などデリバティブ取引で優位に立ち、相互補完できることも統合のメリット。
などなど期待の声が中心。

一方、英エコノミスト誌(11/26号)は厳しい論調。

The merger does not address some of the fundamental problems holding back Japan’s markets. First is regulation. “Pedantic and inflexible” is how a large foreign investor describes it. Japan is preposterously strict over trifling matters but turns a blind eye to serious ones. “Non-material” uncertainties that on other bourses only have to be disclosed to shareholders can lead to listings being denied in Japan. “It raises the cost of capital−you’d have to be nuts to list in Japan,” the foreign investor says.

⇒ 日本の規制当局は、取るに足らないことに対しては厳しく、重要なこと(データの無い不確実性を株主に開示すること)には目をつぶっている。「気でも狂わない限り日本で上場しようとは思わない」とは、外国人投資家の談。

The boss of a large Asian fund ruefully admits that its Japan unit is incorporated in the Cayman Islands to escape the country’s punishing 40% tax rate. And the TSE lacks sophistication. For example, decimalisation does not exist. One cannot quote a price finer than ¥1, despite the fact that a filled order may have four decimal points on the price, says Pelham Smithers, a Japan stock analyst. With a stock such as Mizuho, a bank whose price is around ¥100, it means the bid/offer spread is 1%, which translates to an exorbitant $1m on a $100m order. “Big investors can’t take such a risk, so trade the stock away from the market,” sighs Mr Smithers.

⇒40%という懲罰的な法人実効税率で日本に立地するインセンティブ無し。株価が小数点以下表示されないので、国際的な取引慣行上、どこか垢抜けない。東証における、みずほ株(100円前後)のbid-askスプレッド(呼値)は1円なので、100億円みずほ株買ったら1億円吹っ飛ぶという馬鹿げた展開となる。

Merging the two exchanges does nothing to change this, nor to boost liquidity, eliminate red tape, increase the use of English or improve corporate governance.
...
Consolidation is no panacea. The two exchanges have been competitors as much as their cities have rivalled each other for centuries: integration of systems and cultures will be a nightmare.

⇒両取引所が合併したって、取引高が激増したり、お役所仕事が解消されたり、企業のコーポレート・ガバナンスが改善されるわけでもない。両取引所は100年もの間、競い合ってきたのだから、システムや文化を一緒にくっつけるのは、悪夢になるかもしれない(みずほ銀行みたいに)。


いやはや厳しいですね。。。
こうやって、海外から日本を眺めてみるのも、なかなか新鮮で良いもんです(・∀・)
posted by あうあう at 20:42| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。