2011年12月22日

基礎年金国庫負担財源に交付国債

来年度の予算編成をめぐって、基礎年金国庫負担割合1/2維持財源が争点になるのは、昨年のデジャブを見ているようでした。
去年は「鉄運機構」なる独法の剰余金や、財投特会・外為特会から財源を転用して凌いだ訳ですが、今年はいよいよ“埋蔵金”が尽きて、さあどうしようという感じで、一悶着。

一時期は、「国庫負担割合を36.5%へ引き下げる」ことや、「将来の消費増税を償還財源とする“年金債”の発行」などが取り沙汰されましたが、結局は「交付国債」という形で決着することとなりました。

この交付国債、小宮山大臣をはじめとする厚労省側は、
「年金積立金を取り崩すものではない」
と主張しておりますが、さあどうなんでしょうかね。

頭を整理してみますと、GPIFから払い出した2.6兆円を基礎年金給付に充てて、その対価に「2.6兆円」+「カウンター・ファクチュアルな運用収益」が将来受け取れる国債を、GPIFが直接引き受けると。
それで、「GPIFは交付国債という金融商品に新たに投資したのだから、積立金は減っていない」というロジックになることはなるのですが、どうにも腑に落ちない・・・。

というのも、交付国債は、将来の増税を以って償還されることとなっているみたいですが、政局のモメ具合を見ていると、それって本当に担保されているのか怪しいですし、償還期間もどれぐらいになるのか全く見通せません(´・ω・`)
結局、最初に議論されていた「年金債」と何が違うのか全くわからんです。
しかも、この理屈で行けば、積立金を一切減らすことなく、100兆円規模の埋蔵金を年金給付に活用できるってことになりませんかね・・・。

いずれにせよ、財源がない中で基礎年金の50%国庫負担を維持するってなったら、将来の増税をアテにするしか無い訳で、まあ今回の予算編成を見ていても、「新規国債発行額上限=44兆円」を守るためのテクニカルな財政的偽装が行われた印象は免れません(´;ω;`)
posted by あうあう at 21:33| Comment(0) | 財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。