2012年01月24日

経済成長と財政再建の両立

成長と財政再建の両立は、現政権の基本方針でもあり、長年のテーマでもあります。
もちろん、成長できないことを言い訳に、財政再建を先送りすることもいけませんし、
目先の財政再建で成長を犠牲にすることも良くないです。

いずれにせよ、中長期の財政の持続性について、
マーケットの信認を得ることが大切なのだと思います。

植田和男(東大教授)が「経済教室」に書いたように、
ギリシャをはじめとする欧州の債務危機は、ファンダメンタルズがどうこう以上に、
自己実現的に市場から財政破綻に追い込まれているケースであり、
また、青木浩介(東大准教授)が、同じく「経済教室」に書いたように、
中長期的な財政スタンスの健全化と、課税能力の強化に関するコミットメントを示し、それを民間投資家に理解させることが重要であると存じます。

そういう観点から、成長と財政再建の両立を捉えるのが良いと思います。

今週のロンドン・エコノミストでも、同じような問題意識の記事があったので紹介します。
The hangover(2日酔い)
http://www.economist.com/node/21543139

<要旨>
・米国における家計部門のBS調整は、既に1/3〜半分ぐらい済んでおり、2013年半ばには全て終わる。
・一方、欧州、特に英国は少なくとも10年かかる。
・米国のBS調整が早かったのは、家計が倹約的だからではない。不良債権処理や住宅差し押さえを一気に行ったから。
・英国は、不良債権処理が先送りされており、調整が遅々として進んでいない。
・BS調整のやり方を考える際、住宅バブル崩壊を経験した、1990年代のスウェーデンとフィンランドの事例は示唆的。
・スウェーデンは、先に民間部門のBS調整を終えて、景気が回復してから政府部門のBS調整を行った。
・フィンランドは、いきなり緊縮財政に走って、景気後退をもたらした。
・米国は、スウェーデンの成功事例に近い。
・経済成長なかりせば、政府債務の削減は難しい。今の欧州各国の緊縮財政は、それを例証している。
・欧州はまず、構造改革によって経済の効率性・生産性を高め、投資を呼び込み、成長することが重要。
posted by あうあう at 23:26| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。