2012年05月21日

「異業種交流会」というものに対する雑感

洋の東西を問わず、異業種交流会というのは意識の高いビジネスマンや学生の間で人気だと思います。
僕も、友達に誘われて、付き合いで1回か2回ほど行ったことがあるんですが、まあいずれも、若い女性と楽しく会話できたので、なかなか楽しかった記憶があります。

ただ、真面目な話、そこで得られる人脈とか情報といったものが、どの程度、今後のビジネスや人生で役立つのかというと、よく分からなかったりします。

というのも、信用というかソフトパワーのある人にとっては、そういうイベントに出向かなくても色んな人が「会いたい」って言って集まってくるため、人脈や情報網は勝手に広がるものなんですよね。
逆に、そういうことの無い人が、ビジネス交流会にお金を払って、世間話して名刺交換だけして終わりってことになってる気がします。
(そうなると、異業種交流会に顔を出すこと自体が、マイナスのシグナルとなって、交流会そのものがレモン市場化するのは経済学的に必然です・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)

以前顔を出した交流会で、海外通っぽい人と少し会話したのですが、
「ミャンマーはハイパーインフレが止まらなくて、ビジネスでの進出はオススメしないね」
なんてこと言ってて、いやはや、ここ数年のミャンマーの物価コントロールは立派なもんだと思うんですが、異業種交流会で得られる情報の質・価値といったものは、こういう些細な会話に象徴されてるのかもしれません。
さらに言えば、周りから凄い人に見られようとするあまり、この人のように背伸びして事実に反することを言うのは、その場は取り繕えるかもしれませんが、中長期的には何も良いことありません。信用という財産を一気に失うだけです。

僕は、生きていく上で、いろんな人に出会って刺激を受けることは、もちろん大切だと思っています。
ただ、その方法が、金を払って、どのレベルの人たちが集まるのかも良く分からないイベントに参加して、手当たり次第に名刺交換というのはどうかなという感じがします。
それよりは、色んな分野の然るべき人が、わざわざ自分に会いに来るってぐらいのレベルを目指した方が良いと思います。

何事にも王道なし、ですが、僕は真面目に勉強して、真面目に仕事に励めば、結果は後から自ずとついてくるものだと信じています。真面目に仕事をしている時に出会った人たちとは、5000円払って出会った人たちよりも、はるかに有益な人間関係を形成できています。「類友」というのは、よく言ったもので、チャチなお金で買える人脈なんてものは、砂上の楼閣に過ぎないのかもしれません。

(蛇足)
最近見た映画、「ゴッドファーザーPartII」は、この件に関連し、考えるところがとても多かったです。
主人公のヴィト・コルレオーネは、信念を持って真面目に仕事をしていたら、人脈も愛も富も権力も、全てを手に入れたのです。
ゴッドファーザー PartII <デジタル・リストア版> [DVD] / アル・パチーノ, ロバート・デュバル, ロバート・デ・ニーロ, ジョン・カザール, ダイアン・キートン (出演); フランシス・フォード・コッポラ (監督)
posted by あうあう at 23:45| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。