2012年09月15日

為替制度雑感

民主党代表選は既にオワコンですが、他方、自民党総裁選は非常に活気があり、連日、世間の注目を集めております。

私個人は、石破茂候補ならびに林芳正候補を支持するものですが、その林芳正候補が変動相場制の見直しについて言及したことで、金融クラスタがクワーッと反発しました。
「固定相場制への回帰なんて本気で言ってんのか」
などという、それはもう過剰な反応でありました。

しかし、個人的に思うのは、「変動相場制」と「固定相場制」、それぞれのメリット・デメリットを比較せずに、そんな脊髄反射的な反応をして良いのかということです。

ご案内の通り、日本は戦後のブレトンウッズ体制下で、国際間の資本移動を制限することにより、固定相場制を維持してまいりましたが、1971年のニクソンショックを経て、73年に変動相場制へ移行し、現在にいたっております。

今日では空気のように当たり前になった変動相場制ですが、移行後は「海図なき航海」に突入し、円レートはひたすら漂流しました。特にプラザ合意後の円高への対応策として、国内では大胆な金融緩和措置がとられ、80年代のバブル景気を引き起こしてしまいました。

そして現在、超円高の継続により、エネルギー政策が混迷するわが国の立地競争力は著しく毀損されており、国内産業の「根こそぎ空洞化」は現実のものとなりつつあります。
(ちなみに、国際資本移動の自由度が高まるほど、銀行危機(金融危機)の発生頻度が高まるという相関関係もございますが、恐縮ながら、アップロード可能な図表は用意できておりません。)

「為替レートは市場が決めるもの」といったことを言う人もいらっしゃいますが、それも1970年代以降の国際通貨体制を前提とした一つの「ドグマ」であり、事実、90年代までは先進国による為替介入も珍しい現象ではありませんでした。
しかるに、変動相場制が固定相場制よりも優れているかどうかは、一般的に思われているほど明らかではありません。

「じゃあ、長年変動相場制を採ってきた日本が、米国財務省をはじめとするG7を説得し、固定相場制に戻ることは本当に可能なのか」と聞かれれば、それもやはり非現実的であります。
林候補もそこはきちんとわきまえており、本日の日本記者クラブ主催の公開討論会においても、

「固定相場制までは考えていない。米欧中を巻き込んだスネークまでの制度設計をイメージしている。日本はこれまで、変動相場制が一番良いと思ってやってきたが、投機的な資本移動により、アジア通貨危機や米国のサブプライム・バブルが引き起こされた。すなわち、実需を伴わない為替取引で富を得る過剰流動性が生じてしまっている。何らかの手段によってこれに歯止めをかけ、貿易決済など本当に必要な取引に携わる人々が、過度な為替変動に煩わされないようにすることこそが、真の市場経済である。また、通貨安競争も悪い傾向である。マクロの政策協調をやらないといけない。平成のプラザ合意だ。これがなければ、単独介入の効果にも限界がある。」

とおっしゃっており、まあスネーク(共同フロート)というのも、現実的にはどうかなという感じはありますが、しかし林候補の為替制度への問題意識は非常に共感するところであります。
足もとの為替制度のあり方を、少し立ち止まって考えてみること。これは、food for thoughtとしても有益なのではないでしょうか。

---------
蛇足ですが、米国のGOP(共和党)は金本位制への回帰を党のplatform(政策綱領)で謳っておりますが、まあこれはロン・ポール爺さんの意思を汲み取ったものであり、現実には実現しないでしょう。
posted by あうあう at 15:07| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。