2012年06月29日

日本の本当の豊かさ

4月の文藝春秋に発表された「新・日本の自殺」は、非常にペシミスティックに、わが国経済の行く末を小説仕立てで描いております。
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/333

また、巷間で話題の「グローバル人材」という言葉も、ポジティブな意味では、「わが国の人材競争力を高め、それを経済成長に繋げていこう」という話なんでしょうが、悪い意味で言えば、「日本の将来を悲観し、海外へ脱出できる人材」というニュアンスもあるのかもしれません。

一部の知識人や政治家がしばしば、「米国では〜」「インドでは〜」という枕詞を多用するのも、このような、ちょっと自虐的な香りがします(冨山和彦はこれを「ではのかみ(出羽守)」と皮肉っていましたね。)

ただ見ようによっては、現時点での日本の豊かさのレベルは、悪くないどころか、世界一だったりするのではないかという話を今号のEconomistから。

The real wealth of nations
http://www.economist.com/node/21557732
20120630_FNC496.png

これは国連が開発したInclusive Wealthという指標で、国の豊かさをフローのGDPだけでなく、ストックも勘案して測ったらどうなるかという話でございます。
ストックは、
1.physical capital (機械・建物・インフラ等)
2.human capital (国民の教育・技術水準等)
3.natural capital (土地、森林、化石燃料等)
の3種類を含みます。

すると、図表でお示しする通り、日本は既にGDPでは中国に抜かれておりますが、Inclusive Wealthではダブルスコアで勝っています。(その額55.1兆ドル(約4,380兆円))。さらに、per capitaで見ると、米国を抜いて世界一となっています。

なるほど同記事で指摘の通り、GDPのみで国の豊かさを測るというのは、まさにバランスシートを見ずに、損益計算書だけで企業価値を判断するような所業に近いのかもしれません。

また、ストックにおけるnatural capitalには、綺麗な水や空気、生物多様性といった市場価格で評価できない要素は含んでおりません。日本は自然の美しさについても、やはり高い競争力を有していると思われますので、これらを加味したとしても、Japan as No.1の座は変わらないのではないでしょうか。

ただ、現時点で日本が世界一豊かな国であったとしても、現状に甘んじ、成長を放棄することとなれば、ストックは摩耗し、国民生活の豊かさは次第に失われてまいります。

そうならないためにも、成長と財政再建を同時に実現していかなければなりません。当ブログとしては、一体改革関連法案の早期成立を切に望むものであります。
posted by あうあう at 20:37| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

「異業種交流会」というものに対する雑感

洋の東西を問わず、異業種交流会というのは意識の高いビジネスマンや学生の間で人気だと思います。
僕も、友達に誘われて、付き合いで1回か2回ほど行ったことがあるんですが、まあいずれも、若い女性と楽しく会話できたので、なかなか楽しかった記憶があります。

ただ、真面目な話、そこで得られる人脈とか情報といったものが、どの程度、今後のビジネスや人生で役立つのかというと、よく分からなかったりします。

というのも、信用というかソフトパワーのある人にとっては、そういうイベントに出向かなくても色んな人が「会いたい」って言って集まってくるため、人脈や情報網は勝手に広がるものなんですよね。
逆に、そういうことの無い人が、ビジネス交流会にお金を払って、世間話して名刺交換だけして終わりってことになってる気がします。
(そうなると、異業種交流会に顔を出すこと自体が、マイナスのシグナルとなって、交流会そのものがレモン市場化するのは経済学的に必然です・・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)

以前顔を出した交流会で、海外通っぽい人と少し会話したのですが、
「ミャンマーはハイパーインフレが止まらなくて、ビジネスでの進出はオススメしないね」
なんてこと言ってて、いやはや、ここ数年のミャンマーの物価コントロールは立派なもんだと思うんですが、異業種交流会で得られる情報の質・価値といったものは、こういう些細な会話に象徴されてるのかもしれません。
さらに言えば、周りから凄い人に見られようとするあまり、この人のように背伸びして事実に反することを言うのは、その場は取り繕えるかもしれませんが、中長期的には何も良いことありません。信用という財産を一気に失うだけです。

僕は、生きていく上で、いろんな人に出会って刺激を受けることは、もちろん大切だと思っています。
ただ、その方法が、金を払って、どのレベルの人たちが集まるのかも良く分からないイベントに参加して、手当たり次第に名刺交換というのはどうかなという感じがします。
それよりは、色んな分野の然るべき人が、わざわざ自分に会いに来るってぐらいのレベルを目指した方が良いと思います。

何事にも王道なし、ですが、僕は真面目に勉強して、真面目に仕事に励めば、結果は後から自ずとついてくるものだと信じています。真面目に仕事をしている時に出会った人たちとは、5000円払って出会った人たちよりも、はるかに有益な人間関係を形成できています。「類友」というのは、よく言ったもので、チャチなお金で買える人脈なんてものは、砂上の楼閣に過ぎないのかもしれません。

(蛇足)
最近見た映画、「ゴッドファーザーPartII」は、この件に関連し、考えるところがとても多かったです。
主人公のヴィト・コルレオーネは、信念を持って真面目に仕事をしていたら、人脈も愛も富も権力も、全てを手に入れたのです。
ゴッドファーザー PartII <デジタル・リストア版> [DVD] / アル・パチーノ, ロバート・デュバル, ロバート・デ・ニーロ, ジョン・カザール, ダイアン・キートン (出演); フランシス・フォード・コッポラ (監督)
posted by あうあう at 23:45| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

Doing what it does best

年度末なので一本上げておきます。

通勤電車で座れない時は、荷物を荷棚に上げて、先月入手したKindle touchで色々読むのが習慣になっています。
最近は洋書は全く買ってなく、専らEconomistですが(´・ω・`)

その今週の社説で、"Britain's budget This way, sir"というのがありました。
http://www.economist.com/node/21551067
英国のオズボーン大蔵卿の2012年度予算案がなかなか宜しい、という内容なのですが、
記事中の小見出し、Doing what it does bestというのがなかなか印象的なフレーズでした。
つまり、「一番うまく出来ることをやれ」と。

英国が世界に冠絶した強みを持つのは、金融業や対内直接投資(=端的に言えば、グローバリゼーションの果実)であり、
サブプライム金融危機があったからといって、今更、「虚業を脱して製造業にシフトするぞ」だの「大企業よりも、可哀想な中小企業を優遇しよう」だのいうのは、ナンセンスであるということを言っています。

僕は、これは非常に示唆的な言葉だと思いました。
というのも、人というのは、何かショックがあると、必ず思考の針が極端に振れる傾向があると思われるからです。
例えば、日本で起こったニュース的な出来事を考えてみると、姉歯マンション耐震偽装や、コンニャクゼリー、狂牛病騒動、原発事故、AIJなど、色々ありましたが、これら全て、後に規制強化の方向に向かいました(現在進行中のものも含めて)。

その良し悪しはここでは言及しませんが、それでも、やれ日本の原発安全神話が崩壊したからといって、じゃあ日本の原子力技術は本当にpoorだったのかとか、あらゆる点について、一度立ち止まって考えてみる必要があると存じます。
何らかのショックによって、思考の針が極端に振れることで、本来の"what Japan does best"を忘れてしまうことを、僕は大変懸念しています。

また、これは個人レベルでも役立つ格言だと思います。
よく言われることですが、やはりある程度の年齢(大学生ぐらい?)になったら、自分の一番の強みを伸ばすことに専念した方が良いように思われます。
試験勉強の場面では、自分の苦手を潰すことが重要課題ですが、人生においては、苦手なことを懸命にやったところで高が知れています。
比較優位の原則が示唆するように、自分が一番得意なことに専念した方が、はるかに費用対効果が良いのではないでしょうか。

もちろん、色々な勉強や経験をして、視野を広げることも大事だと思います。
自分の本当に得意なことが見つかっていない可能性もありますし、見えない選択肢が見えてくるようになる可能性もあると思います。
それでも、不得手なことに拘泥してもしょうがありません。得意なことを極めましょう。

たった1つのフレーズから、ここまで妄想を広げて書いてしまいました(*´ω`*)
posted by あうあう at 21:47| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。